不登校新聞

378号 (2014.1.15)

とにかく好きなことを 苅谷和幸 22歳

2014年01月10日 17:08 by kito-shin


◎シンポ抄録「フリースクールで育って」

不登校・ひきこもりの子らが通っている学校外の居場所「フリースクール」。その場で育ってきた人、あるいは現在通っている人4人がシンポジウムに登壇。フリースクールフェイスティバル2013のシンポジウム「フリースクールで育って」講演抄録。

 私が不登校になったのは、中学1年生の夏休み明け、9月のことでした。きっかけは、夏休みの宿題を大量にやり残していたこと。がんばってはみたものの結局終わらず、何となく学校に行きづらくなって1週間ほど休みました。進学校だったので、勉強がどんどん進んでいたことに気づいた瞬間、「ダメだ、もう追いつけない」と思い、いっさい通えなくなりました。
 
 それからは毎日がバトルでした。祖父母と同居していたので、「とにかく学校に行ってくれ」「和幸の将来が不安だから」と4人から責め立てられるわけですが、それでも足がいっこうに動かないんです。一方で、私自身「学校に戻らなきゃ」と思っていました。だからこそ毎日が苦しくて、2年ぐらいひきこもりました。
 
 しだいに親も疲れてきたのか、「学校に行け」とは言わなくなりました。すると不思議なもので、私自身にも余裕が出てきたんです。「最近太ってきたから、プールにでも行ってこようかな」というように、少しずつ外に出られるようになりました。そのとき、母が持ってきたのが「東京シューレ」のパンフレット。「1回ぐらいならいいか」という軽い気持ちで見学に行きました。見学中も何かしたわけじゃないんですが、居心地がよくて、ここに通いたいと思うようになりました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...