不登校新聞

317号(2011.7.1)

子どもシェルター6団体が連携、全国ネットワークが発足

2013年06月18日 14:19 by kito-shin
 虐待、家庭崩壊など、さまざまな理由で安心できる生活基盤が奪われ「一晩だけでも逃げる場所がほしい」という子どもたちのための場「子どもシェルター」。全国6カ所の子どもシェルターが中心となってネットワーク組織「子どもシェルター全国ネットワーク会議」が発足した。
 
 子どもシェルターは2004年に日本で初めて誕生。代表の坪井節子さんは「ひとりぼっちじゃないんだよ、あなたは大切な人、というメッセージを伝えたい」という思いからカリヨン子どもセンターを設立。こうした思いは全国で共感され、今年4月には日本弁護士連合会より「『子どものためのシェルター』の公的制度化を求める意見書」が内閣府などに提出されるなど、その活動は広がりつつある。
 
 そこで、さらなる活動充実と国や公共団体との協働を進めるため、全国ネットワークが発足した。参加団体は、ロージーベル(宮城)、カリヨン子どもセンター(東京)、子どもセンターてんぽ(神奈川)、子どもセンターパオ(愛知)、子どもセンターピピオ(広島)、子どもシェルターモモ(岡山)の6団体に加え、現在、設立準備中の京都、高知、福岡の市民団体が加わる予定。

関連記事

不登校は問題でないが未然防止が重要っておかしくないですか?

568号 2021/12/15

不登校19万人超 不登校新聞編集長が提言する学校改革の道筋は

567号 2021/12/1

学校行きたくないが4割 調査で小中高生の今のつらさが明らかに

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...