不登校新聞

452号 2017/2/15

不登校なんて僕だけだと思ってた【13歳が語る不登校】

2017年02月13日 16:25 by shiko


 今号は小学2年生から不登校をし、現在はフリースクールと中学校に通う石原良さんにお話をうかがった。

――いつから不登校だったのでしょうか?

 客観的には小学校2年生から不登校になると思います。ただし、そもそも保育園から行きたくなかったです。4歳ぐらいから登園しようと思うとお腹が痛くなったり、保育園から走って逃げ帰ったりすることがありました。まじめに通っていた時期もありましたが、基本的には行ったり行かなかったりを6年ぐらい続けて、小学校5年生からは完全に学校へは行ってません。

――長い期間、登校への葛藤が続いたんですね。

 学校への期待がゼロになったことはなかったと思います。学校の友だちと遊ぶのが楽しい時期もありましたし、いい先生もいました。それでもいろんなことが重なって学校に別れを告げて、しばらくするとまた登校を始める。それをくり返してきました。

学校は安全じゃなかった


 その間、同級生から石を投げられたこともありましたし、先生に抱きかかえられて教室に放り込まれたこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...