不登校新聞

452号 2017/2/15

不登校なんて僕だけだと思ってた【13歳が語る不登校】

2017年02月13日 16:25 by shiko


 今号は小学2年生から不登校をし、現在はフリースクールと中学校に通う石原良さんにお話をうかがった。

――いつから不登校だったのでしょうか?

 客観的には小学校2年生から不登校になると思います。ただし、そもそも保育園から行きたくなかったです。4歳ぐらいから登園しようと思うとお腹が痛くなったり、保育園から走って逃げ帰ったりすることがありました。まじめに通っていた時期もありましたが、基本的には行ったり行かなかったりを6年ぐらい続けて、小学校5年生からは完全に学校へは行ってません。

――長い期間、登校への葛藤が続いたんですね。

 学校への期待がゼロになったことはなかったと思います。学校の友だちと遊ぶのが楽しい時期もありましたし、いい先生もいました。それでもいろんなことが重なって学校に別れを告げて、しばらくするとまた登校を始める。それをくり返してきました。

学校は安全じゃなかった


 その間、同級生から石を投げられたこともありましたし、先生に抱きかかえられて教室に放り込まれたこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ひきこもったまま出馬し落選」あきらめて楽しんでる41歳男性の半生

515号 2019/10/1

高校を5度も退学 とにかく必死だった私が中卒でも大丈夫だと思えるまで

515号 2019/10/1

不登校になった私の過去、20代になって整理できるように

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...