不登校新聞

452号 2017/2/15

不登校なんて僕だけだと思ってた【13歳が語る不登校】

2017年02月13日 16:25 by shiko


 今号は小学2年生から不登校をし、現在はフリースクールと中学校に通う石原良さんにお話をうかがった。

――いつから不登校だったのでしょうか?

 客観的には小学校2年生から不登校になると思います。ただし、そもそも保育園から行きたくなかったです。4歳ぐらいから登園しようと思うとお腹が痛くなったり、保育園から走って逃げ帰ったりすることがありました。まじめに通っていた時期もありましたが、基本的には行ったり行かなかったりを6年ぐらい続けて、小学校5年生からは完全に学校へは行ってません。

――長い期間、登校への葛藤が続いたんですね。

 学校への期待がゼロになったことはなかったと思います。学校の友だちと遊ぶのが楽しい時期もありましたし、いい先生もいました。それでもいろんなことが重なって学校に別れを告げて、しばらくするとまた登校を始める。それをくり返してきました。

学校は安全じゃなかった


 その間、同級生から石を投げられたこともありましたし、先生に抱きかかえられて教室に放り込まれたこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...