不登校新聞

459号 2017/6/1

親のつらさが楽になるコツを知っていますか?

2017年05月29日 18:12 by kito-shin


 学校に行かないわが子にどう接したらいいものか。これは不登校の子どもを持つ親にとって、誰しも直面する問題です。とくに子どもが中学生・高校生年齢に差しかかると、それはより顕著になります。

 「思春期」特有の親への反抗だったり、逆に親とのコミュニケーションを避けたりします。そうすると、親としても「私がこんなにがんばっているのにそれが伝わらない」とか「子どもの本音を知るためにはどうすればいいのか」などの感情が湧いてきます。

 こうした親子関係について、本書の著者で児童精神科医の明橋大二さんは「親が楽になると子どもも楽になります」と言います。いやいや、それがなかなか難しいのです。

 では、どうやったら、親は肩の力を抜けるのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...