不登校新聞

459号 2017/6/1

親のつらさが楽になるコツを知っていますか?

2017年05月29日 18:12 by kito-shin


 学校に行かないわが子にどう接したらいいものか。これは不登校の子どもを持つ親にとって、誰しも直面する問題です。とくに子どもが中学生・高校生年齢に差しかかると、それはより顕著になります。

 「思春期」特有の親への反抗だったり、逆に親とのコミュニケーションを避けたりします。そうすると、親としても「私がこんなにがんばっているのにそれが伝わらない」とか「子どもの本音を知るためにはどうすればいいのか」などの感情が湧いてきます。

 こうした親子関係について、本書の著者で児童精神科医の明橋大二さんは「親が楽になると子どもも楽になります」と言います。いやいや、それがなかなか難しいのです。

 では、どうやったら、親は肩の力を抜けるのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...