不登校新聞

459号 2017/6/1

学校へ行かず家ですごす「ホーム―エデュケーション」とは

2017年05月29日 18:16 by kito-shin


 「ホームエデュケーション」とは、学校やフリースクールなどに通うのではなく、家庭をベースに学び育っていく教育方法のこと。「ホームシューレ」は専門の支援機関として、全国の「ホームエデュケーション」家庭をつなげるネットワーク活動を1993年に開始。以来、のべ2000家庭が参加し、2017年現在、全国で約180家庭がつながっている。
 
 会員専用のSNS、月刊交流誌、各地のサロン、オフ会、全国合宿、相談など、幅広い活動をしている。

【ホームシューレ連絡先】
(TEL)03-3909-0046 ※FAX兼
(メール)info@homeshure.jp

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...