不登校新聞

459号 2017/6/1

将来の夢は映画監督~わが子は家庭で育っています

2017年05月29日 17:20 by kito-shin


 私には17歳の息子と13歳の娘がいて、2人とも家庭をベースに育っています。 息子が学校に行きしぶるようになったのは、小学2年生の6月でした。とくにきっかけはなかったんですが、朝はトイレにこもって出てこなかったり、リビングのテーブルの下にうずくまっていることもありました。担任に相談すると、スクールカウンセラーを紹介されました。じつは、この方との出会いが、わが家の「ホームエデュケーション」の始まりでした。

 私も夫も学校が大好きな子どもだったので、「学校に行きたくない」という息子の気持ちを受けいれるのに時間がかかりました。「学校に行ってこそ味わえる楽しみがあるんじゃないか」って、つい考えてしまうからです。

 そんなことをカウンセラーと話しているうち、ふと気づいたんです。学校に行くことがそもそもゴールなのかなって。

 私の疑問にカウンセラーは「学校に行くとか行かないとか、どっちでもいいんです。それより『学校に行きたくない』という気持ちを素直に言えなかったり、言うことをあきらめたりして、心の中にしこりを持ったまま大人になるほうがよっぽど問題です。勉強だって塾や通信教育もあるし、フリースクールだってある。もちろん、家庭だけでも、じゅうぶん育ちますよ」と答えてくれました。目から鱗が落ちるというのはまさにこのことで、とくに「家庭だけでも育つ」というのは、私にとって衝撃的でした。

私は"いい親”そう思ってた


 小学3年生になった息子がある日、「今日は自由だなー」って、つぶやいたことがあるんです。親としては、ちょっとショックでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...