不登校新聞

463号 2017/8/1

ひきこもりのヒントは当事者の語りのなかに【書籍紹介】

2017年07月27日 16:15 by koguma


 長年、ひきこもり当事者への取材を重ねてきた杉山春さんらしく、多くの事例が載っている一冊です。その一例を紹介します。
 
 Aさんは中学1年生のとき、いじめがきっかけで不登校になりました。ある日、やっとの思いでいじめのことを親に告げます。すると、父はいじめている子どもたちを呼び出して叱りつけました。結果、いじめはさらに悪化し、Aさんは強迫神経症を発症します。その後、家庭内暴力が出たり、精神科への入院もくり返します。障害者枠の契約社員として働いたこともあるけれど、なかなか続かず、数年間ひきこもることになります。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ひといき

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...