不登校新聞

463号 2017/8/1

【9/1号より新連載】不登校Q&A 児童精神科医に聞きました

2017年07月28日 17:21 by koguma


 2017年9月1日号より、隔号連載「不登校Q&A~児童精神科医に聞きました」が始まります。
 
 お話をうかがうのは、児童精神科医の高岡健さん。精神医療の専門家として長年、不登校やひきこもりについて論じてこられた方で、親の会などが主催する講演会でも、不登校・ひきこもりを肯定するお立場から発信をされています。
 
 この連載では、「強迫神経症」「家庭内暴力」「薬との付き合い方」「生活習慣」など、不登校に関連して起こる事柄について、専門的見地から解説していただきます。

 また、本連載では読者のみなさまからのご質問もお待ちしております。高岡健さんにお聞きしたいテーマなどがございましたら、東京編集局の小熊までご連絡ください。

(TEL)03-5963-5526
(FAX)03-5963-5527
(メール)tokyo@futoko.org

■執筆者・高岡健さん
(たかおか・けん)1953年、徳島県生まれ。児童精神科医。日本児童青年精神医学会理事。岐阜大学医学部准教授、岐阜赤十字病院精神科部長などを歴任。現在「岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター」児童精神科部長。著書に『不登校・ひきこもりを生きる』(青灯社)、『引きこもりを恐れず』(ウェイツ)など多数。

関連記事

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...