不登校新聞

464号 2017/8/15

不登校から見た通信制大学のメリット・デメリット

2017年09月12日 16:12 by shiko



 通信教育課程を設置する大学(以下、通信制大学)は、全国に43校あり、16万3354人が在籍している(2017年度)。

 通信制大学の大きな特徴としては「通学日が少ない」「入試がない」「学費が安い」ことが挙げられる。ほとんどの通信制大学では、高校卒業資格(高認含む)を有していれば入学ができる。また、私立大学の初年度平均学費は年間130万円(入学料26万円)が必要。同じような学費が必要な通信制大学もあるが、4年間で70万円~120万円と通学制と比べれば安価な大学が多い。

 一方、デメリットとしては「卒業率」などが挙げられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...