不登校新聞

464号 2017/8/15

不登校から見た通信制大学のメリット・デメリット

2017年09月12日 16:12 by shiko



 通信教育課程を設置する大学(以下、通信制大学)は、全国に43校あり、16万3354人が在籍している(2017年度)。

 通信制大学の大きな特徴としては「通学日が少ない」「入試がない」「学費が安い」ことが挙げられる。ほとんどの通信制大学では、高校卒業資格(高認含む)を有していれば入学ができる。また、私立大学の初年度平均学費は年間130万円(入学料26万円)が必要。同じような学費が必要な通信制大学もあるが、4年間で70万円~120万円と通学制と比べれば安価な大学が多い。

 一方、デメリットとしては「卒業率」などが挙げられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...