不登校新聞

464号 2017/8/15

不登校から見た通信制大学のメリット・デメリット

2017年09月12日 16:12 by shiko



 通信教育課程を設置する大学(以下、通信制大学)は、全国に43校あり、16万3354人が在籍している(2017年度)。

 通信制大学の大きな特徴としては「通学日が少ない」「入試がない」「学費が安い」ことが挙げられる。ほとんどの通信制大学では、高校卒業資格(高認含む)を有していれば入学ができる。また、私立大学の初年度平均学費は年間130万円(入学料26万円)が必要。同じような学費が必要な通信制大学もあるが、4年間で70万円~120万円と通学制と比べれば安価な大学が多い。

 一方、デメリットとしては「卒業率」などが挙げられる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

夏休み中、不登校の子にしてはいけない約束とは

487号 2018/8/1

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

479号 2018/4/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

478号 2018/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...