不登校新聞

464号 2017/8/15

不登校経験者から見た通信制大学のメリット・デメリット

2017年08月10日 17:10 by shiko



 通信教育課程を設置する大学(以下、通信制大学)は、全国に43校あり、16万3354人が在籍している(2017年度)。

 通信制大学の大きな特徴としては「通学日が少ない」「入試がない」「学費が安い」ことが挙げられる。ほとんどの通信制大学では、高校卒業資格(高認含む)を有していれば入学ができる。また、私立大学の初年度平均学費は年間130万円(入学料26万円)が必要。同じような学費が必要な通信制大学もあるが、4年間で70万円~120万円と通学制と比べれば安価な大学が多い。

 一方、デメリットとしては「卒業率」などが挙げられる。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...