不登校新聞

464号 2017/8/15

NOが自己をつくる「人は外骨格」説

2017年08月10日 13:27 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.5

外側のかたいカラで体を支える構造を「外骨格」という。人は脊椎動物だが、心は外骨格でできている。昆虫や甲殻類はクチクラ、キチン質で体をおおう。人間は「イヤだ」という感覚で自己をおおう。

 自己とは嫌いなものから成る。自分と周囲を分かつのがアイデンティティーなら、その境界線は「ここから先は侵入させない/させたくない」という意識だろう。嫌いなもの、受けいれがたいものが自分の輪郭をつくる。

人の心にあるのは芯ではなくカラ

人は好きなものを語っているようでじつは嫌いなものの話をしている。「ゲームが好き、でもRPGは苦手」「ポケモンが好き、でも最近のは見てない」。赤ん坊が最初に見せるしぐさが「いやいや」なのも、反抗期が何度も訪れるのも、拒否が自我の骨格だからだ。「芯がない」などと言うが、人にあるのは芯じゃない。カラだ。

 いちいち「イヤだ」と伝えるのはめんどうだ。言われた側も厄介に思う。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フツーの子と不登校の子、ちがいは「ほぼない」説

468号 2017/10/15

「いまここが最強の居場所」説 社会学者・関水徹平

467号 2017/10/1

不登校からの青春問題 「リア充はくだらねぇと言ってもムダ」説

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...