不登校新聞

464号 2017/8/15

NOが自己をつくる「人は外骨格」説

2017年08月10日 13:27 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.5

外側のかたいカラで体を支える構造を「外骨格」という。人は脊椎動物だが、心は外骨格でできている。昆虫や甲殻類はクチクラ、キチン質で体をおおう。人間は「イヤだ」という感覚で自己をおおう。

 自己とは嫌いなものから成る。自分と周囲を分かつのがアイデンティティーなら、その境界線は「ここから先は侵入させない/させたくない」という意識だろう。嫌いなもの、受けいれがたいものが自分の輪郭をつくる。

人の心にあるのは芯ではなくカラ

人は好きなものを語っているようでじつは嫌いなものの話をしている。「ゲームが好き、でもRPGは苦手」「ポケモンが好き、でも最近のは見てない」。赤ん坊が最初に見せるしぐさが「いやいや」なのも、反抗期が何度も訪れるのも、拒否が自我の骨格だからだ。「芯がない」などと言うが、人にあるのは芯じゃない。カラだ。

 いちいち「イヤだ」と伝えるのはめんどうだ。言われた側も厄介に思う。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...