不登校新聞

464号 2017/8/15

ちょっとだけ学校へ“別室登校”ってどうなの?【不登校Q&A】

2017年08月10日 16:24 by kito-shin



連載「親のための不登校Q&A」vol.25

子どもが不登校になってしばらくすると、先生から、「少しは学校に来たほうがいい。そうしないとますます来づらくなるから」と言われ、保健室など教室以外の「別室」への登校をすすめられることがあります。さらに、それが無理ならば、放課後に先生に会いに来るだけ、校門にタッチするだけでも……、などなども言われることがあるようです。

 学校としては、子どもが学校へ戻るために学校とのつながりを切らないよう、いろいろな方法を考えてくれます。

 親も子も、何か理由があって学校に行けなくなったとしても、しばらくしたら「学校に戻ってほしい」「戻りたい」「戻らないといけない」と思うもので、先生の提案に乗ってみることも多いようです。

 保健室や別室に登校し、そのうち少しずつ教室へ行くようになり、最後は教室に通えるようになったという例を聞いたことがないわけではありません。でも、残念ながら、そういうケースは本当にまれです。いろんな条件が重なってくれなければ難しいのが現実です。

 わが家の次男が中学校を不登校したときも「学校へ戻りたい」と強く思っていたので、最初のころは保健室登校をしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は終わらない?【不登校Q&A/最終回】

469号 2017/11/1

不登校、いつまで待てばいいの?【Q&A】

468号 2017/10/15

子どもが不登校、私の人生はどうなるの?【不登校Q&A】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...