不登校新聞

472号 2017/12/15

LGBTを語りあうのは「ハードルが高い」と思われてる説

2017年12月12日 16:33 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.13

ときおり、「当事者としてLGBTや多様な性について話してほしい」と依頼を受けて講演やイベントに呼ばれることがある。

 最近、そんな場で参加者から「何もわからないのですが」とか、「まだまだ勉強不足なんですが」と前置きする姿をたびたび見かける気がする。

 「LGBT」という単語は、この数年でテレビや全国紙でもひんぱんに取り上げられるようになった。同性を恋愛の対象にする人、生まれつきの身体の性別とはちがう性を生きる人。自分の性別をどのように認識するか(性自認)、恋愛や性愛の対象が誰か(性的指向)は人の数だけさまざまなのだということが少しずつ認知されてきている。

 一方で、当事者ではない人たちがLGBTについて「まちがった言動をとらないようにしなければ」と対応に悩んでいるという声も聞く。

疲弊した理論武装

 10代のころ、私は同性を好きになるのは「まちがっている」と感じ、みんなと同じように異性を好きになることが正しいと思い込んでいた。それにまつわる言葉を発することは恐怖であり、自らへの嫌悪感も伴った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...