不登校新聞

474号 2018/1/15

実感のない自己肯定感なんかより、実感できる「へっぽこ感」の受容こそ最優先説

2018年01月12日 13:02 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.14

 不登校経験者として、フリースクールスタッフとして、どうしても思うのが「自己肯定感よりも『自分のへっぽこさ』を引き受けるほうが大事ではないか?」ということです。仮説ですが「へっぽこ感の受容が最優先説」を唱えたいと思います。

 私自身のことを言えば「自己肯定感」ってやつにふりまわされてきました。不登校当時、焦って、もがいて「自己肯定感を持っている自分」を追い求めていた時期があります。でも、自己肯定感は身につけようと必死になっても身につくものではありません。「自己肯定感を持って」と言われても私は「詰み」でした。

 とは言え、「現在の自分」を許せずに苦しんでいる子の姿はフリースクールスタッフとしてたくさん見聞きしてきました。

 たとえば、客観的に見ても「挑戦」だと思えることに子どもがトライし、それが成功に終わる。けれども、子ども自身は「自分なんてダメだ」と思う気持ちが変わらない。そういうケースは多いです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

不登校だった僕は、土屋太鳳にあらがえない説【仮説なんですが】

504号 2019/4/15

「私はみんなの役に立てていない」なぜかハマる30代の罠【仮説なんですが】

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...