不登校新聞

474号 2018/1/15

ゲームもしてるし話もできるのに「今後の話」を避けられるのはなぜ? ひきこもり相談員の答え

2018年01月12日 15:51 by kito-shin



連載「決まり文句の研究」vol.3

 親御さんのなかには「うちの子は家で気楽にすごしている」「働かなくても家に置いてもらえているので気楽なんだろう」と話してくださる方がいます。

 たしかに、社会から撤退してからしばらくの混乱状態を抜けると、ウソのように本人が穏やかになり、テレビを観て笑ったり、ゲームに熱中したり、家族とふつうに会話したり、つらそうなそぶりなどみじんも見せない、というケースは少なくありません。

 ところが、その一方で「これからどうする?」「いつ就労しようか?」という話になると、「逃げられる」「黙ってしまう」とおっしゃる親御さんが多いです。

なんで話から逃げるの?

 就労や今後についての話をイヤがるため、周囲は「現在の『気楽』な生活を続けたいのだろう」と思います。つまり「現実逃避をしている」と解釈するようです。

 しかし、このような理解・解釈は正しいのでしょうか。

 最近、新聞の投書欄やネット上で話題になった若者の声があります。それは「電車の優先席に座っていたら高齢の方に怒られて席を立たされた。内臓疾患があり、苦しくて座っていたのに」というものでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...