不登校新聞

474号 2018/1/15

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

2018年01月15日 14:53 by koguma



 わが子が不登校になったとき、その原因を知りたいと思うのは、親であれば当然です。原因さえわかれば対処方法もわかるし、それを取りのぞけば学校にすぐに戻れるかもしれないと考えるからです。

 しかし、子どもの気持ちから考えた場合、そう単純ではありません。むしろ、なぜ行きたくないのか、何がイヤなのかというように、「なぜ(why)」や「何が(what)」の2つをあれこれ聞き出そうとすると、かえって子どもを追い詰めてしまうことがあります。不登校の理由を「これだ」と断言できるとは限らないからです。また、不登校直後は、子どもの気持ちも落ち着いていないため、言葉で伝えるのが難しい場合があります。さらに、言葉にできるとしても、子どもが今それを話したいと思っているかどうかは別問題ですし、親を納得させようとして、「とりあえず」の理由を紡ぎ出す場合もあります。

原因探しがプレッシャーに

 そもそも、原因探しというのは良くない結果や状況にあるときにすることが多いものです。

 習字や絵画で表彰状を持って帰ってきた子どもに対し、「なぜ? 何が?」と原因を分析するなんてことは、あまりしないのではないでしょうか。ほめる、これが先にくるはずです。

 言い換えれば、原因を探して解決策を模索するという行為自体、「今のままではダメなんだ」というメッセージを暗に子どもに送ることになってしまう場合があり、さらなる不安やプレッシャーを子どもに与えてしまいかねないのです。

 原因探しはすべて悪、と言いたいわけではありません。私が伝えたいのは、親には親のタイミングがあるように、子どもにも子どものタイミングがある、ということ。ですから、親の良かれであれこれ詮索することは避けたほうが無難です。

 まず大事なことは、学校で疲れた心と身体をゆっくり休めることです。落ち着いてくれば、子ども自ら話してくれることもあります。

 子どもが再び動き出すために必要なのは、むやみやたらに原因探しすることではなく、疲れ切った心身を休める場を家のなかにつくることだと、私は思います。(『不登校新聞』東京編集局・小熊広宣)

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...