不登校新聞

474号 2018/1/15

「七夕のお願い」を検査する先生と お願いを却下された小3の私

2018年01月12日 15:04 by kito-shin

連載「ただいま別室登校中!」vol.4

 小学3年生の1学期の話です。

 7月の初旬、クラスのみんなで七夕飾りをつくり、短冊に願いごとを書くという行事がありました。それは授業参観のときに教室の前に飾られ、親や先生が見ることのできるものでした。

 ほかの生徒は、どんな願いを書こうかとワクワクしています。「サッカー選手になりたい」「このゲームがほしい」「100歳まで生きたい」などなど、将来の夢やほしいものを綴っている生徒が多いようでした。

 そのなかで私は「死刑がこの世界からなくなりますように」と書いたのです。テレビで死刑決定のニュースが流れると、涙を流していたほどイヤでしたから。

 たとえ、その人が殺人犯であっても、死刑は人の命を奪うことになるので、私はとにかくきらいだったのです。クラスメイトは「なんでそんなことを書くの?」とあきれたように言ってきます。

七夕のお願いは担任が検査

 願いごとを書いた短冊は、飾られる前に先生がチェックをします。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

493号 2018/11/1

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...