不登校新聞

477号 2018/3/1

毎日検証!地場野菜店長「私、店長だけどダメなんです」VS安斎肇「ダメな人用の席があるよ」

2018年02月26日 15:49 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.17

 15歳のとき、大繁華街・新宿歌舞伎町の入口にあるファストフード店でアルバイトを始めた。

 マニュアルを読むということがわたしは非常に困難で、目の前の物事に取り組む方法がわからず、出勤しては呆然としていた。が、コミュニケーションだけはやたらに活発なため、社員からは心配半分厄介半分の顔で「お前、大丈夫かよ」とよく言われていた。5年間働き、一番の思い出は18歳のときの失恋である。

 現在、わたしは地場野菜直売所の店長。店長とはいえ社長をはじめとした役員数名の上司がいて、部下にアルバイトのスタッフがいる中間管理職である。そのなかで誰にでもよくある小さな成功と失敗をくり返し、いろいろと自省をしてきた。15歳のわたしと今のわたしが何も変わらないとも思わないが、いまだマニュアルを読むのが非常に困難で、目の前の物事に取り組む方法がわからず、出勤しては呆然としている。

 はっきり言ってものすごく困っている。マニュアルが読めないのに働く人のためにマニュアルをつくらなければならない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...