不登校新聞

477号 2018/3/1

ひきこもる時間は、私の心と向き合う時間でした【ひきこもり当事者に聞く】

2018年02月26日 16:12 by kito-shin



 大学卒業後にひきこもった経験を持つ松原ゆきこさん(34歳・仮名)のインタビューを掲載する。聞き手・編集は、子ども若者編集部のPN猫田良子さん。

――どんな子ども時代を送っていましたか?

 物心ついたときから両親の仲が悪くて、毎日のようにけんかをしていました。私はすごく不安で、「自分が何とかしなきゃいけない」と思って、仲を取り持とうとがんばったのですが、うまくいかなくて。

そのうち、「両親の仲が悪いのは自分のせいなんじゃないか」と考えるようになって、罪悪感みたいなものを持つようになりました。

他人の顔色、気にしてしまう

 学生時代は小学校から大学まで、ずっとつらかったです。家庭の不和が影響して、うまく人間関係が築けませんでした。両親の顔色をいつもうかがっていたので、学校でも友だちの顔色がすごく気になってしまい、自分の意見を言えなかったんです。

 まわりの子からは「あの子は明るくて優しくて、何をしても怒らない子」みたいに思われていましたが、そのせいで相手から下に見られて、雑にあつかわれることが多くありました。ほかのみんなには優しい子も、私にだけはきついツッコミを入れてきたりしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...