不登校新聞

477号 2018/3/1

不登校向けのアドバイスどおりに動いたのに子どもが動かない。私の対応は大丈夫?【相談員の回答】

2018年03月12日 16:49 by kito-shin



連載「決まり文句の研究」vol.6

 私は家族会を主催したり、講師やゲストアドバイザーなどで数カ所の親の会の例会に参加しています。すると「私の対応でいいのでしょうか?」という言葉をしばしば聞きます。

 精神科医やカウンセラーや相談員などから「こういう接し方を」と指示や助言を受けると、多くの親は「言われたとおりに接していれば、わが子はいずれ動き出す」と信じます。ところが、助言どおりに動いているつもりが、いっこうに動き出す気配のないお子さんを見ていると「本当にいいの?」「いつになったら効果が出るの?」などと気持ちが揺らぎ、ジリジリしてしまう親御さんが「この対応で大丈夫?」と思うのも無理はありません。

 「この対応で」という言葉を聞くと、私は以下のようなことを考えます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...