不登校新聞

482号 2018/5/15

子どもに寄りそうために大切なことは 書籍紹介「居場所とスクールソーシャルワーク」

2018年05月14日 18:02 by kito-shin



 西野博之さんは、30年以上に渡って、不登校の子どもの「居場所」に携わってきた方です。現在、代表を務める「フリースペースえん」(神奈川県川崎市)は、市とNPO法人の協働事業として、日本でもめずらしい公設民営のフリースペースとして注目されています。

 山下英三郎さんは、37歳で渡米し、「スクールソーシャルワーク」という活動に日本で最初に取り組まれた方です。「スクールソーシャルワーク」とは、学校現場において、子どもたちの側に立って、子どものニーズに合った支援をすることを指します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「なんかいやだなぁ」の正体【子どもの権利条約】

196号(2006.6.15)

子どもの権利条約フォーラムふくしま発足

196号(2006.6.15)

読者の声「不登校児にワッペン?」

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...