不登校新聞

482号 2018/5/15

子どもに寄りそうために大切なことは 書籍紹介「居場所とスクールソーシャルワーク」

2018年05月14日 18:02 by kito-shin
2018年05月14日 18:02 by kito-shin



 西野博之さんは、30年以上に渡って、不登校の子どもの「居場所」に携わってきた方です。現在、代表を務める「フリースペースえん」(神奈川県川崎市)は、市とNPO法人の協働事業として、日本でもめずらしい公設民営のフリースペースとして注目されています。

 山下英三郎さんは、37歳で渡米し、「スクールソーシャルワーク」という活動に日本で最初に取り組まれた方です。「スクールソーシャルワーク」とは、学校現場において、子どもたちの側に立って、子どものニーズに合った支援をすることを指します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

596号 2023/2/15

編集後記

596号 2023/2/15

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…