不登校新聞

482号 2018/5/15

人は誰でも「三年寝太郎」説【仮説なんですが】

2018年05月15日 12:30 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.21

 日本の昔話で、ぼくがもっとも愛着を持つ話のひとつに「三年寝太郎」がある。

 むかし、ちっとも働かない若者がいた。村では「寝太郎」とあだ名されていた。寝太郎はあるとき起き上がって、町へ行き、鳩と提灯を買ってきた。そして夜になると、となりの長者の庭の松の木に登り、大声で叫んだ。「長者よ、よく聞け。われこそは鎮守の森の神様である。今夜はお前の家の家運を予言しに来た」。長者は夜中に大声が聞こえたので、驚いて縁側に出てみた。すると「お前の家の一人娘に、となりの寝太郎を婿に取らなければ、お前の家はたちまち傾くであろう。いいか、わかったか。では余は鎮守の森に帰るぞ」という声が聞こえた。寝太郎は提灯に火をつけて、鳩の脚に結んでぱっと放した。すると明かりがすーつと鎮守の森の方へ飛んでいったので、長者は本気にして、翌朝起きると一番に寝太郎のところへ行き、「鎮守の神様のご命令だから、ぜひ、うちのひとり娘の婿になってくれ」と言った。こうして寝太郎がとうとう長者の家の婿になって、それからはまともに働いたと。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...