不登校新聞

298号(2010.9.15)

親シンポジウム「命あるものとして」

2013年12月17日 16:21 by kito-shin


 長男が中学2年生で不登校になったとき、福島県にある親の会「ほんとの空くらぶ」と出会えたことは、母子家庭で不安だった私にとって非常に大きな出来事でした。「やっと本音で話し合える仲間がみつかった」と、心の底から安堵しました。その後、次女も中学2年生で不登校となりましたが、長男のときとはちがって力まない関係をつくることができたのも、親の会の存在が大きかったと思います。

 現在、27歳になる長男はひきこもっていますが、最近不登校当初のことをおたがいに淡々と語ったことがありました。こうした対等な会話が長男とできるようになったことはとてもうれしいことでした。じつは私自身、両親の過大な期待から不登校をしていたことがあるんです。両親とうまくいかず、うらみに近い感情を抱いていたこともありました。ただそれが長男と向かい合うなかで、徐々に解放されていったんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...