不登校新聞

520号 2019/12/15

14歳の僕が感じたフリースクールで傷ついた一言

2019年12月12日 12:11 by kito-shin
2019年12月12日 12:11 by kito-shin

 僕は中学の1学期から不登校になった。そして学校という居場所を失ない、焦った。居場所をもとめ、最初に通ったのは適応指導教室だった。

 しかし、そこはあくまで学校復帰を前提にした場所だった。「学校へ行きな」としつこく言われるのがイヤで、1カ月ほどで通うのをやめた。

 そんな僕の最後の砦はフリースクールだった。フリースクールでは「学校へ行け」なんて誰からも言われないし、校則もない。

 毎日トランプやUNOをして遊んだ。いろんな人としゃべれたのも楽しかった。やっと自分の居場所を見つけたと安心した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…