不登校新聞

520号 2019/12/15

14歳の僕が感じたフリースクールで傷ついた一言

2019年12月12日 12:11 by kito-shin

 僕は中学の1学期から不登校になった。そして学校という居場所を失ない、焦った。居場所をもとめ、最初に通ったのは適応指導教室だった。

 しかし、そこはあくまで学校復帰を前提にした場所だった。「学校へ行きな」としつこく言われるのがイヤで、1カ月ほどで通うのをやめた。

 そんな僕の最後の砦はフリースクールだった。フリースクールでは「学校へ行け」なんて誰からも言われないし、校則もない。

 毎日トランプやUNOをして遊んだ。いろんな人としゃべれたのも楽しかった。やっと自分の居場所を見つけたと安心した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...