不登校新聞

534号 2020/7/15

ひきこもる子どもから見た父親、ひきこもり経験者が語る本音

2020年07月13日 16:16 by kito-shin

 「ひきポス」というメディアをご存じでしょうか。ホームページを通じて、ひきこもり当事者や経験者の声、イベント情報、コラムなどの情報発信に取り組んでいます。

 そうした活動のかたわら「ひきポス」では雑誌刊行も行なっており「インターネットはちょっと苦手」という方には、この雑誌がおすすめです。

 雑誌では「ひきこもりと〇〇」という特集が毎号組まれており、今回ご紹介するのは、「ひきポス」6号、特集のテーマは「ひきこもりと父」。

強権的なふるまいをする父、子どもにけっして弱みを見せない父、うつを患ってひきこもった父など、さまざまな父のありようがその子どもたちを通して語られています。

 「祖父母も俺も必死に働いてきたのに、何でお前はこうなんだろうなぁ」、優秀な大学を出て働く父がひきこもるわが子にかけた一言です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

549号 2021/3/1

ゲーム障害やネット依存症に不安を抱える親に読んでほしい1冊

548号 2021/2/15

ひきこもりながら働いています。ひきこもりを雇うIT会社の挑戦【書籍紹介】

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...