不登校新聞

565号 2021/11/1

新たな不登校施策に向けて有識者会議発足/文科省

2021年10月25日 14:37 by koguma
2021年10月25日 14:37 by koguma

 10月6日、不登校に関する調査研究協力者会議(以下、協力者会議)の第1回会議が開催された。

 協力者会議の趣旨は、不登校児童生徒に対する支援の現状と課題を検証し、不登校児童生徒への支援の改善充実を図る観点から、総合的な不登校施策について検討を行なうこと。おもな検討事項として①不登校児童生徒の実情の把握・分析、②不登校児童生徒への支援の現状と改善方策、③その他不登校に関連する施策の現状と課題、3点が示されており、2022年3月31日までのあいだに全5回程度の会議開催を予定している。教育委員会や関係団体のヒアリングを行ない、年度末をめどに、報告を取りまとめるという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…