毎号とても楽しみにしています。前々号の木村衣月子さんの「血のつながりにこだわらなくていい、血縁って、かえってきつい」という言葉、深く共感しました。家族だから言えないことも多く、息苦しい面もあります。「家族のようにつながれる場」、いまの社会にはそのような場が、必要と思いますし、私も家族のようにつながれる場があればと思っています。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。