部活の合宿や修学旅行の夜にみんなで盛り上がるトランプゲーム「大富豪」。しかし、この「大富豪」には、非常に多くのローカルルールが存在します。

 そのため他県の人とやると「おれの県では『あり』だった」「なしだった」と、もめることがあります。私も大学のサークルの合宿でカードの「3」を切って上がろうとしたときに、周囲から物言いが入り、罰ゲームとしてチャイナドレスを着させられたという苦い思い出があります(笑)。

 そこでルールでもめるというトラブルを回避し、かつ大富豪をより楽しくするようなルールはないものかと調べてみました。調べてみると、北海道から沖縄までなんと163個ものルールを発見できました。そのなかから編集部の独断と偏見で選んだおもしろいルールを紹介します。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。