不登校新聞

208号 2006/12/15

15歳時の犯行に懲役14年 板橋両親殺害事件判決 東京地裁

2015年12月08日 16:04 by kito-shin



 東京都板橋区の建設会社社員寮で昨年6月、管理人だった両親を殺害したとして、殺人罪などに問われた長男(当時15歳)の判決公判が、12月1日東京地裁(栃木力裁判長)で開かれた。栃木力裁判長は「犯行は、計画的であり、冷酷かつ残忍であって、はなはだ悪質というほかなく、本人の内省もいまだ深まっているとは言えず、最大限考慮しても、刑事処分を持って望むのが相当」と述べ、無期懲役を選択した上で、少年法51条を適用し懲役14年(求刑懲役15年)を言い渡した。原告側は控訴を検討している。01年の改正少年法施行以降、犯行時16歳未満に対する殺人罪での初めての判決となった。


 判決によると、少年は昨年6月20日早朝、就寝中の父親(当時44歳)の頭を鉄アレイで殴るなどして殺害。母親(当時42歳)も包丁で刺殺した。その後、室内にガスを充満させ、スプレー缶をのせた電気コンロにタイマーをつなぎ、同日夕方、管理人室を爆発させた。長男は97年ごろから、父親に言われて寮の掃除などを手伝うようになり、次第に仕事量も増え、父親への不満を募らせていた。長男と父親が口論になると、父親は「おまえはバカだ」と言ったり、たびたびゲーム機を壊したりした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...