不登校新聞

203号 2006.10.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

2015年12月17日 14:38 by 匿名
2015年12月17日 14:38 by 匿名
 
 
 思えば、高校のときを最後に16年以上、健康診断を受けたことがない。「ちゃんと受けたほうがいいよ」と言う人もいるが、まったく必要を感じない。というより、それは倒錯した感覚ではないかとさえ思ってしまう。

 身体の不調を感じて医者に行くのは当然としても、毎年、自分の身体を専門家にデータ化してもらって健康を保証してもらわないと不安というのは、なんだかヘンだ。でも、そういうヘンなことがいっぱいある。食品の消費期限しかり。自分の味覚や嗅覚より、パッケージの印字を信頼している。
 
 自分の感覚を信頼できるかどうか。これは生き物としては、すごく大切なことじゃないかと思う。(大阪通信局・山下耕平)
 
*
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…