不登校新聞

203号 2006.10.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

2015年12月17日 14:38 by nakajima_
 
 
 思えば、高校のときを最後に16年以上、健康診断を受けたことがない。「ちゃんと受けたほうがいいよ」と言う人もいるが、まったく必要を感じない。というより、それは倒錯した感覚ではないかとさえ思ってしまう。

 身体の不調を感じて医者に行くのは当然としても、毎年、自分の身体を専門家にデータ化してもらって健康を保証してもらわないと不安というのは、なんだかヘンだ。でも、そういうヘンなことがいっぱいある。食品の消費期限しかり。自分の味覚や嗅覚より、パッケージの印字を信頼している。
 
 自分の感覚を信頼できるかどうか。これは生き物としては、すごく大切なことじゃないかと思う。(大阪通信局・山下耕平)
 
*
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...