不登校新聞

201号 2006/9/1

「私たちの対応がまちがっていた」と泣きながら

2016年01月21日 12:14 by kito-shin


 今年の夏合宿に家族で参加しました。小2の娘(なぜかいまは元気に登校中)は、エンディングのあとで泣き出してしまいました。彼女はフリースペースがすっかり気に入ってしまったのです。横から兄(小2からの筋金入りの不登校少年)が「あと5、6日連泊してもいいよなぁ」とふざけてチャチャを入れると彼女はしゃくり上げながら大きくうなずいていました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

496号 2018/12/15

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...