不登校新聞

470号 2017/11/15

「死にたい」から、あえて「自死禁止プレイ」をやってみた

2018年02月26日 14:31 by kito-shin



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.5

 役に立ったのは「自死禁止縛り」導入です。死のうと思うほど、どん底だった17歳のころ。なぜ「ただ生きるだけ」でこれほどつらいのか不思議でした。そこで死ぬ前にいっそ「自死禁止を自分に課して人生というクソゲーをプレイしてみたらどうなるかを試そう」と考えついたのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親はちょっと黙って見てて」14歳不登校経験者が目指す未来

517号 2019/11/1

7年ぶりに部屋から出た僕に、母が言った意外な一言

517号 2019/11/1

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...