不登校新聞

475号 2018/2/1

学校を、年齢も立場も「ごちゃまぜ」にしていこう説

2018年01月29日 14:35 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.15

学校は、“子どもたち”だけが学ぶ場所であり続けるだろうか?

 最近、私がよく考えていることです。

 それってなんだか、少し不自然な気がするのです。どうして子どもたちは、同世代の人間たちとだけ、ひとところに集められ、決められたことを決められたとおりに、みんなでいっせいに勉強させられなければならないんだろう、と。

 社会はきわめて多様な人たちからなるものです。だから私たちは、自分とはいくらか異なった多様な人たちを、おたがいにできるだけ認め合い、折り合いをつけながら生きていかなければなりません。

 それに、今の時代、勉強しなければならないのは子どもだけではありません。大人も必要に迫られたり、あるいは、ただ純粋に楽しいからといったりした理由で、さまざまなことを学び続けています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は「学校に行かさらない」が最適表現説【仮説なんですが】

488号 2018/8/15

全員歓迎のハイテンションが通いづらさを生む説

486号 2018/7/15

「蘇我馬子は生きている」説【仮説なんですが】

483号 2018/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...