不登校新聞

475号 2018/2/1

学校を、年齢も立場も「ごちゃまぜ」にしていこう説

2018年01月29日 14:35 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.15

学校は、“子どもたち”だけが学ぶ場所であり続けるだろうか?

 最近、私がよく考えていることです。

 それってなんだか、少し不自然な気がするのです。どうして子どもたちは、同世代の人間たちとだけ、ひとところに集められ、決められたことを決められたとおりに、みんなでいっせいに勉強させられなければならないんだろう、と。

 社会はきわめて多様な人たちからなるものです。だから私たちは、自分とはいくらか異なった多様な人たちを、おたがいにできるだけ認め合い、折り合いをつけながら生きていかなければなりません。

 それに、今の時代、勉強しなければならないのは子どもだけではありません。大人も必要に迫られたり、あるいは、ただ純粋に楽しいからといったりした理由で、さまざまなことを学び続けています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...