不登校新聞

475号 2018/2/1

先生に押し付けられた「大人の暗黙のルール」に困惑 小学4年生のときの話

2018年01月29日 15:23 by kito-shin

連載「ただいま別室登校中!」vol.5

 うすうす学校に違和感を感じていた私も成長し、小学4年生になりました。

 そして担任も変わり、中年の女性の先生に。まわりくどいお説教が特徴で、よくカッとなってしまう先生でした。そのころの私といえば、とにかく怒られずにすむ方法を考え、宿題をちゃんとするとか、口答えをしないようにするなどして、うまく立ちまわっていました。

 そんなある日のこと。くわしいことは忘れてしまいましたが、先生を怒らせてしまうような出来事があったのです。あの、怒らせるとめんどうなことになる担任の先生を。

 私は何人かの友だちといっしょに、お説教を喰らうはめになりました。

 そのお説教のなかで、先生が「言うことを聞かない人は出ていきなさい!」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私が吹っ切れたのは母と二人で観たドームライブの日【別室登校中の14歳手記】

488号 2018/8/15

不登校だから通知表は白紙 評価ばかり気にしていた私は…【別室登校中の14歳手記】

487号 2018/8/1

発達障害の診断が気持ちを楽にしてくれた【別室登校中の14歳手記】

486号 2018/7/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...