不登校新聞

475号 2018/2/1

先生に押し付けられた「大人の暗黙のルール」に困惑 小学4年生のときの話

2018年01月29日 15:23 by kito-shin

連載「ただいま別室登校中!」vol.5

 うすうす学校に違和感を感じていた私も成長し、小学4年生になりました。

 そして担任も変わり、中年の女性の先生に。まわりくどいお説教が特徴で、よくカッとなってしまう先生でした。そのころの私といえば、とにかく怒られずにすむ方法を考え、宿題をちゃんとするとか、口答えをしないようにするなどして、うまく立ちまわっていました。

 そんなある日のこと。くわしいことは忘れてしまいましたが、先生を怒らせてしまうような出来事があったのです。あの、怒らせるとめんどうなことになる担任の先生を。

 私は何人かの友だちといっしょに、お説教を喰らうはめになりました。

 そのお説教のなかで、先生が「言うことを聞かない人は出ていきなさい!」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2年前の熊本地震から不登校に いじめでも学校ぎらいでもなく【別室登校中の14歳手記】

482号 2018/5/15

期待していた中学校の初日、翌日には玄関先で立ち止まったのは【別室登校中の14歳手記】

481号 2018/5/1

学校に合わない私が「偏差値高め」の学校進学にこだわった理由【別室登校中の14歳手記】

480号 2018/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...