不登校新聞

475号 2018/2/1

決まり文句の研究

「こだわり」の強いひきこもりにどう接すればいいのか ひきこもり相談員が解説

連載「決まり文句の研究」vol.4 「ひきこもりの人はこだわりが強い、だからひきこもりの状態が長期化しやすい」とも、よく言われます。 一般に「こだわり」とは「自分のなかでの...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

親亡き後を考えて、ひきこもりのわが子に残せるものとは【相談員の答え】

連載「決まり文句の研究」vol.5  今年に入ってから「40歳以上のひきこもり」を対象にした初の実態調査を行なうことを内閣府が発表しました。近年、ひきこもり状態の長期高年齢...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 476号 2018/2/15

ゲームもしてるし話もできるのに「今後の話」を避けられるのはなぜ? ひきこもり相談員の答え

連載「決まり文句の研究」vol.3  親御さんのなかには「うちの子は家で気楽にすごしている」「働かなくても家に置いてもらえているので気楽なんだろう」と話してくださる方がいま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 474号 2018/1/15

親の育て方が原因でひきこもったのでしょうか? 相談歴16年のアドバイザーの答え

連載「決まり文句の研究」vol.2 「子どもがひきこもっているのは私の育て方のせいだったのでしょうか」という言葉も本当によく聞きます。 私の相談業務のなかでも、初回の面接で...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

怠け者だからひきこもる? 【新連載・決まり文句の研究】

今号より不登校・ひきこもり経験があり、現在は相談を仕事にしている丸山康彦さんの連載を開始する。 不登校・ひきこもりの相談機関を設けて16年が経ちますが、親御さんや関係者(行政...

  いいね!   shiko shiko from 471号 2017/12/1

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...