不登校新聞

478号 2018/3/15

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

2018年03月13日 10:15 by shiko



 臨床心理士・スクールカウンセラーの掛井一徳さんは、多くの不登校の子どもや親と出会ってきました。そんな掛井さんが訴えているのが「葛藤の支え方」です。子どもが葛藤しているとき、親はどうしたらいいのかについて、執筆いただきました。

 人は自分の思い通りにならない状況に直面したとき、心のなかで激しい葛藤が起こります。

 何か答えや対処が見つかるまでその葛藤を抱え続けるのは、誰にとっても難しいことです。

 とくに心がまだ発達途中である子どもは、ちょっとしたことで葛藤を受けとめる心の器がいっぱいになってしまい、その器から葛藤が、感情や言葉、行動といったかたちで体の外に飛び出してしまいます。

 このとき、じつは親の心も同時に揺れ動きます。子どもの葛藤を抱えている姿を見てモヤモヤして、その自分のモヤモヤを解消するためにできるだけ早く子どもの葛藤を「解決」しようとするということが起こります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

「過呼吸がコントロールできない」臨床心理士のアドバイス

194号(2006.5.15)

「なにをしたいかわからない」ときはどうすれば?

196号(2006.6.15)

読者コメント

ekona_jp
ekona_jp

一般公開 こんにちは

2018/03/26
0 0

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...