不登校新聞

490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

2018年09月14日 17:05 by kito-shin

 生きづらさを抱えた女性が集まる会を立ち上げた猫田良子さん。会への思いを書いていただいた。

******

 1年半ほど前から、友人と2人で「おさんぽ女子会」という会を主催しています。

 人との関係に悩んでいたり、すごく疲れやすかったり、傷つきやすかったり、居場所がないと感じていたり、働くことが苦しかったり。そんなさまざまな「生きづらさ」を抱えた女性どうしで集まって、いろいろなところに遊びに行く会です。

 つくった理由は、私自身が、こういう会がほしかったから。20代後半のとき、友だちがひとりもいなくなりました。

 当時の私はひきこもっていて、働けなくて、まさにどん底。部屋にこもり、1日中、自分を責めつづける日々を送っていました。

 あまりにもしんどくなったときは、気分転換のために力をふりしぼって街に出てみるのですが、そこには同年代の女子がわんさかいて、どの子も友だちといっしょに買い物をしたり、お茶をしたり。そんな光景を見てしまうと、本当に言いあらわせないほど、さびしい気持ちになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...