不登校新聞

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

2019年04月12日 11:11 by kito-shin

 名古屋支局のある多田法律事務所では月に1回「事務所会議」という、30分程度の、まあどうってことのない会議を開いている。

 私などは、めんどくさくてしょうがないのだが、理事はなぜこう会議が好きなのだろうか。

 そこで出された提案。相談室がトイレとあまりに近いため、用足しの音がもろに聞こえてしまう。なので、それを聞こえなくするための工夫がほしいという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

再開したフリースクール検討会議 不登校の歴史vol.504

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...