不登校新聞

504号 2019/4/15

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

2019年04月12日 11:52 by kito-shin

 不登校の子らが集まる居場所やフリースクールは「不登校の受け皿」だと言われています。居場所の運営者やスタッフがそう言われたくなくても、世間的な認知は受け皿です。私自身も不登校だったのでフリースクールが自分の受け皿だと思っていました。 

  一方、公立の小中学校の先生も「自分たちは子どもの受け皿だ」という認識を強く持っていることに最近、気がつきました。 

  ある先生は「学校が不登校の子を見放したら、その子の教育の権利が奪われてしまう」と話してくれました。だからこそ、その先生は、忙しい時間の合間を縫って、不登校の子に電話をし、家庭訪問をしていました。あまり時間がない日は同級生にプリントや手紙を届けてもらったそうです。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校だった僕は、土屋太鳳にあらがえない説【仮説なんですが】

504号 2019/4/15

「私はみんなの役に立てていない」なぜかハマる30代の罠【仮説なんですが】

499号 2019/2/1

「居場所に意味なんて必要ない」居場所スタッフが考える居場所論

498号 2019/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...