不登校新聞

504号 2019/4/15

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

2019年04月12日 11:52 by kito-shin

 不登校の子らが集まる居場所やフリースクールは「不登校の受け皿」だと言われています。居場所の運営者やスタッフがそう言われたくなくても、世間的な認知は受け皿です。私自身も不登校だったのでフリースクールが自分の受け皿だと思っていました。 

  一方、公立の小中学校の先生も「自分たちは子どもの受け皿だ」という認識を強く持っていることに最近、気がつきました。 

  ある先生は「学校が不登校の子を見放したら、その子の教育の権利が奪われてしまう」と話してくれました。だからこそ、その先生は、忙しい時間の合間を縫って、不登校の子に電話をし、家庭訪問をしていました。あまり時間がない日は同級生にプリントや手紙を届けてもらったそうです。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

509号 2019/7/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...