不登校新聞

504号 2019/4/15

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

2019年04月12日 11:52 by kito-shin

 不登校の子らが集まる居場所やフリースクールは「不登校の受け皿」だと言われています。居場所の運営者やスタッフがそう言われたくなくても、世間的な認知は受け皿です。私自身も不登校だったのでフリースクールが自分の受け皿だと思っていました。 

  一方、公立の小中学校の先生も「自分たちは子どもの受け皿だ」という認識を強く持っていることに最近、気がつきました。 

  ある先生は「学校が不登校の子を見放したら、その子の教育の権利が奪われてしまう」と話してくれました。だからこそ、その先生は、忙しい時間の合間を縫って、不登校の子に電話をし、家庭訪問をしていました。あまり時間がない日は同級生にプリントや手紙を届けてもらったそうです。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

545号 2021/1/1

教育学者・内田良が「校則はもっとゆるくていい」と考える理由

544号 2020/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...