不登校新聞

504号 2019/4/15

不登校だった僕は、土屋太鳳にあらがえない説【仮説なんですが】

2019年04月12日 11:06 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.31

 僕は元不登校児でいまも立派なひきこもりだ。そんな僕に世間の風当たりが強いのは、世の中のほうが遅れていて、僕のほうが未来を生きているから。

 だけど、こんな自信過剰の僕を動揺させる女性がひとりだけいる。それが土屋太鳳だ。

 彼女は、NHKの朝の連ドラや多くの映画に出ている女優だから知っている人も多いかもしれない。土屋太鳳は、僕が失ったアオハル(青春)を刺激する。

 僕は学校に適応できず、そのシステムを憎んだことすらあったけれど、そこでしか生まれないアオハルに嫉妬してしまう。

 無責任で、野蛮で、大雑把で、不均衡で、大嫌いな学校だからこそ生まれるアオハルは、僕を魅了した。ときに狂気が人を魅了するように。

映画で蘇る幻のアオハル

 土屋太鳳は、学園モノの映画に出てJK(女子高生)役を演じることが多い。彼女はアオハルの魅力を最大限に体現しており、僕を苦しめた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...