不登校新聞

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

2019年11月29日 10:36 by kito-shin

 学習指導要領に初めて「不登校は問題行動ではない」と書かれた2017年春、東京シューレ葛飾中学校は、開校10周年を迎えた。

 東京シューレ葛飾中学校は、教育特区を活用し、葛飾区から廃校を借り、学習指導要領どおりでなく子どもに合わせたユニークな教育課程を持ち、学校枠だが中身はフリースクールの子ども中心の考え方で実践している。

 入学要件が「不登校」という縛りがあるのだが、不登校支援のための私立中学なので、今はやむを得ない。

 やってみると、それが意外とよかったのは、入学選考のとき、入学要件を確認すると、どなたもニコニコして「はい、バッチリです。うちは3年も学校へ行っていませんから」とうれしそうな答えが返ってくる。これはいい。

 また、おたがい不登校を経験しているから気持ちの通じ合う面もあり、「ようこそ先輩」など卒業生に話を聞く時間も、ずっと学校へ通った子と不登校の子とまじっているとやりにくかったことだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...