不登校新聞

519号 2019/12/1

不登校解決に向けた親への助言が聞いててつらい理由と親の会の意義

2019年11月29日 14:34 by shiko

 不登校の親が集まる「親の会」。カウンセラーや相談機関とはちがい、その場へ行くと何が得られるのか、外からはわかりづらいもの。そこで長年、親の会をされている加嶋文哉さんに「親の会とは」を執筆いただいた。

* * *

 ずいぶん前のことですが、自称「不登校の専門家」から、不登校の親が集まる「親の会」について「素人の集まりに何ができる!?」と言われました。

 「ひどいことを言うなあ」と腹も立ちましたが、今なら「素人の集まりだからこそできることがありますよ」と笑顔で答えられます。

 900回を超える例会を重ねて見えてきた、親の会にしかできないこととはなにか……。

今の自分で聞かない

 不登校の子を持つ母親Aさんが例会に参加してきたときのことです。お子さんの状況を話していたAさんが、途中から涙で言葉にならなくなりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

晴天の霹靂だった「孫の不登校」、葛藤のなかでつかんだ私の方針

519号 2019/12/1

「不登校は悪いことではない」孫の不登校で固まった祖母の決意

519号 2019/12/1

「みんなできるのに何でできないの」そんな考えが一変した子どもの姿

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...