不登校新聞

234号(2008.1.15)

京都地裁 違法支出を認定

2014年11月19日 14:27 by 匿名
 京都市が02年~03年度に研究委託費の名目で、教職員1425名に計7168万円を支出したことは「給与の二重支払い」であるとして、市民30人が門川大作・前教育長ら4人に賠償させるよう桝本頼兼市長に求めた訴訟の判決が07年12月26日、京都地裁であった。中村隆次裁判長は原告の訴えを全面的に認め、市教委幹部ら4人に返還請求するように命じた。

 判決によると、京都市教委は、01年~05年にかけて「教育改革パイオニア調査研究事業」として、毎年500名ほどの教員に対し、「研究のための図書購入費、管外視察費」などのかたちで給与とは別に1人あたり5~15万円を支給した。5年のあいだに支給された総額は1億2694万円にのぼる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...