不登校新聞

215号 2007/4/1

文科省 いじめ有識者会議 第一次まとめで提案

2015年07月27日 16:01 by kito-shin
 2006年秋から続くいじめ自殺の報道を受けて、文科省の「子どもを守り育てるための体制づくりのための有識者会議」(座長・梶田叡一兵庫教育大学長)が、第一次まとめを発表した。

 第一次まとめでは、いじめに対してのメッセージが提案としてまとめられた。メッセージは「教師はいじめを許さず子どもをしっかり守ろう」「学校は地域の人材を活用して『ナナメの関係』をつくろう」「教育委員会などは多様な専門機関・専門家と協力しよう」「保護者は携帯電話などの活用の仕方を再考しよう」「すべての大人は、自らの責任を見つめ直し、子どもに『生きる』ことの意味を教えよう」の5つ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...