不登校新聞

215号 2007/4/1

教師の体罰で小5自殺、両親が提訴/学校は校内アンケート廃棄

2015年07月27日 15:52 by kito-shin


 北九州市で小学校5年永井匠くん(当時11歳)が首をつって自殺した問題で、原因は担任教諭の体罰によるものだとして、両親が学校管理者の市に総額約8100万円の損害賠償を求める訴えを福岡地裁小倉支部に起こした。
 
 訴状によると、2005年4月、担任の女性教諭が着任以来、匠くんに対し、頭部を殴る、耳を引っ張る、平手打ちをする、廊下に引きずり出す、蹴るなどの日常的な体罰がくり返し行なわれていた。2006年1月には、匠くんと同級生のケンカから担任に平手打ちをされたことを受け、匠くんが泣きながら帰宅。両親に「学校を辞めたい」と体罰を訴えた。教育委員会はこうした事情のもと、2006年1月に担任に退職勧奨を行ない、担任は辞職願いを提出。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...