不登校新聞

215号 2007/4/1

ヤングジョブスポット 閉鎖相次ぐ

2015年07月27日 16:00 by kito-shin
 フリーターら若者の就労支援のため設置されている「ヤングジョブスポット」が全国的に閉鎖される。2007年の3月末で、全国14カ所のうち、東京と大阪以外の12カ所が閉鎖される見通しだ。運営者からは「若者のニーズが高く、閉鎖は残念」という声があがっている。
 
 ヤングジョブスポットとは、独立行政法人雇用・能力開発機構が運営する施設で、おもに35歳未満の若者を対象に就職に関するさまざまな相談や情報提供を行なっている。とり組みは各施設さまざまだが、おもにインターネット、新聞・雑誌、初歩的なパソコン講習などがすべて無料で利用できる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...