不登校新聞

214号 2007/3/15

声 北欧教育に学ぶ

2015年09月24日 16:23 by kito-shin



 3月3日に開かれたシンポジウム「北欧型教育と日本の教育~デンマーク・オランダ・フィンランドと日本を比較して~」に参加してきました。
 
 会場に集まったたくさんの参加者に、「現状の教育ではダメだ!」という危機感や「北欧型の教育に学ぶものがある」という思いを感じました。
 
 シンポジストの一人、リヒテルズ直子さん(オランダ教育研究家)は、現在のヨーロッパでも教育行政は試行錯誤を重ねていて、日本は北欧型をマネして、よいところを取りこんだらいいのでは、と話されました。PISA(学力テスト)の結果によると、トップのフインランドをはじめ北欧型の成績がいい。シンポジストでFonte読者でもある古山明男さんは、日本の行政は教育にもっとお金をつぎ込んでほしい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...