不登校新聞

214号 2007/3/15

声 北欧教育に学ぶ

2015年09月24日 16:23 by kito-shin



 3月3日に開かれたシンポジウム「北欧型教育と日本の教育~デンマーク・オランダ・フィンランドと日本を比較して~」に参加してきました。
 
 会場に集まったたくさんの参加者に、「現状の教育ではダメだ!」という危機感や「北欧型の教育に学ぶものがある」という思いを感じました。
 
 シンポジストの一人、リヒテルズ直子さん(オランダ教育研究家)は、現在のヨーロッパでも教育行政は試行錯誤を重ねていて、日本は北欧型をマネして、よいところを取りこんだらいいのでは、と話されました。PISA(学力テスト)の結果によると、トップのフインランドをはじめ北欧型の成績がいい。シンポジストでFonte読者でもある古山明男さんは、日本の行政は教育にもっとお金をつぎ込んでほしい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...