不登校新聞

214号 2007/3/15

13歳の不登校に聞く 先生にいじめは止められない

2015年09月24日 13:06 by kito-shin



――いつから、不登校を?
 小4の終わりごろ。学校に行こうとすると、かならず具合が悪くなったの。私が「行きたくない」って言っても、お母さんは「とにかく行け」って言うし、お父さんも「今日一日だけがんばってみよう」って。仕方がないから、学校に行くんだけど、やっぱり学校に行くと気持ちが悪くなる。そんなことのくり返しだった。

――いじめはありましたか?
 いじめがあったと言えばあったけど、ふだんのこととの境目がわからないな~。私はいじめられなかったけど、きらわれてた子はトイレに呼び出されてた。私もきらわれないように、クラスのリーダー的な存在の子とは、なかよくしてたし、逆らったりもしなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...