不登校新聞

357号(2013.3.1)

当事者の声 (他の号の記事)

読者の声「言葉よりほしいもの」

「言葉」って、ときどきいらないことがある。たとえば今だって、心のどこかに、まとめたい思いや伝えたいことが雲みたいになんとなく漂っている。 こんなにもどかしい今私がほしいのは、...

  いいね!   shiko shiko from 190号(2006.3.15)

読者の声「めんどうで気が重い卒業式が終わって」

この3月に、息子が中学校卒業、末の娘が小学校卒業しました。中学校では3人の不登校卒業生のために別室が用意されていました(たった3人、少ないって思う)。 担任から何度も電話で出...

  いいね!   shiko shiko from 191号(2006.4.1)

読者の声「児童相談所の判断に疑問」

2006年3月、東京世田谷のマンションで、当時中学2年生の男子が引き起こした放火事件の報道をつらい思いで聞いた。生後わずか2カ月の妹を焼死させ、父親と継母に重傷を負わせてしま...

  いいね!   shiko shiko from 193号(2006.5.1)

「学校のすべてが敵に思えた」中学3年生が語る今の本音とは

今回執筆したのは不登校当事者・ゆらさん。中学校でいじめにあい、現在は保健室登校をしている。今、ゆらさんが学校で感じていることを、そのまま書いてもらった。* * * こんにちは...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 519号 2019/12/1

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

小学校6年生から学校への行きしぶりが始まり、中学校に入ってから不登校。現在は「N高等学校」(角川ドワンゴ学園)に通う高校生にお話をうかがった。「僕は失敗作」と思うほど孤立して...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

「戸塚ヨットスクール」前の海に花束を投げるひとり旅をした喜久井ヤシンさん。その思いを書いてもらった。* * * 私は先日、腕を振りかぶって海に花束を投げいれた。場所は愛知県美...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 518号 2019/11/15

「親はちょっと黙って見てて」14歳不登校経験者が目指す未来

富山県在住の中村亮介さん(14歳・仮名)は、2年前、中学1年生で不登校になって以来、フリースクールに通っている。小学校高学年でいじめにあい、中学校では先生との関係に悩んだ。そ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 517号 2019/11/1

7年ぶりに部屋から出た僕に、母が言った意外な一言

現在の瀧本さん(撮影・堀田純) 25歳当時の瀧本さん 7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜さん。部屋から出たあと、ひきこもっているあいだに太ったことを知った瀧本さんは、ダイ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 517号 2019/11/1

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

今回のインタビューは、NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学校は1カ月間しか通っていません」という。元気を溜め、ふたたび動き出す際の支えに...

  いいね!   koguma koguma from 516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

執筆者の鯨井啓子(くじらいけいこ)さんは小学1年生のとき不登校になった。自分はなぜ苦しかったのか、当時、何が必要だったのかは、大人になってからわかるようになったという。* *...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 516号 2019/10/15

「ひきこもったまま出馬し落選」あきらめて楽しんでる41歳男性の半生

今回は、ひきこもりながら市議会選挙に出馬した、さとう学さん(41歳)のインタビュー。精神的に追いつめられているときは「0か100か」の極端な考え方になりがちだが、さとうさんは...

  いいね!   shiko shiko from 515号 2019/10/1

高校を5度も退学 とにかく必死だった私が中卒でも大丈夫だと思えるまで

執筆者の加藤郁美さんはどうしても高卒資格がほしく、高校中退をくり返した。しかしその後、学歴にこだわることをやめてから、少しラクになれたという。* * * 私は、中学校を卒業し...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 515号 2019/10/1

苦しさの根本は親の過干渉 親への「NO」が生きやすさへの一歩だった

ゆりなさん(25歳)は子どものころから他人との距離感をつかめないなど、ずっと生きづらさを抱えていた。24歳のとき、職場でのトラブルをきっかけに3カ月ひきこもった後、自分の生き...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

大人になってからわかった「不登校もムダじゃない」

中学1年生で不登校になり、現在は作業療法士として働くひなさん(24歳)にお話をうかがった。ひなさんは自身の不登校をふり返って「不登校経験が自分の強みにもなった」という。当時つ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

学校へ行かなかった私から学校に行きたくないあなたへ【9月1日メッセージ】

本欄に記したメッセージは悩んでいる人へのアドバイスではありません。学校へ行けないことで悩み、葛藤してきた人、あるいは今も葛藤している人が自分自身に対して本音で言えることを記し...

  いいね!   shiko shiko from 513号 2019/9/1

失ったのはキラキラした学校生活だけじゃない。私の喪失感の中身とは

執筆者 喜久井ヤシンさん 不登校・ひきこもり経験者の喜久井ヤシンさん。自分自身に残る「喪失感」について書いてもらった。* * * 私はユーチューブに出ている学生の映像を見て号...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 513号 2019/9/1

学校へ行かなかった私から学校に行きたくないあなたへ【9月1日メッセージ】

子どもの自殺がもっとも多くなる9月1日。すでに新学期を迎えている学校も多いが、あらためて不登校当事者・経験者から「明日の学校」について悩む人へ伝えたいことを掲載する。 ■逃...

  いいね!   shiko shiko from 512号 2019/8/15

帰国子女から不登校になった私 周囲は気づかなかった心のダメージ

佐藤祥子さん NPOの中間支援組織「NPOサポートセンター」で働く不登校経験者・佐藤祥子(しょうこ)さんにお話をうかがった。* * *――不登校当初のことを教えてください。 ...

  いいね!   shiko shiko from 512号 2019/8/15

都会に比べて選択肢少なすぎ!ツラいんだよ田舎の不登校

今回執筆したのは、中学生のときに不登校をしていた、ゆずさん。地方で暮らす苦しさを書いてもらった。* * * 私は中学生1年生から3年生のあいだ不登校をしたが、住んでいる地域が...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 512号 2019/8/15

不登校から学歴を拒否した僕の思い、一般論で決めつけないで

学歴ってなんだろう? 僕は中学1年生で不登校になり、その後、15歳のときにひとつの目標を立てました。 それは一生、高校にも大学にも専門学校にも行かないで生きていくこと。学校と...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 512号 2019/8/15

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。