不登校新聞

546号 2021/1/15

「スクールソーシャルワーカー」に関連する記事

厳罰化が呼ぶいじめの深刻化 教育再生会議のココが問題

いじめた子を出席停止にするだけではなく、体罰の範囲の見直しを提言するなど、教育再生会議のメンバーたちはこの国では「子どもの権利条約」が批准されていることなど、知らないのであろ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 212号 2007/2/15

文科省 スクールソーシャルワーカー配置へ

文部科学省は、2008年度から全都道府県計141地域に「スクールソーシャルワーカー」を配置することを決めた。予算規模は約15億円。08年度の予算折衝過程で、予算案に盛りこまれ...

  いいね!   none 匿名 from 234号(2008.1.15)

第1回 スクールソーシャルワークとは

連載「スクールソーシャルワーク」  今号から新連載「子どもたちに知ってもらいたい・スクールソーシャルワーク」がスタートする。執筆するのは、1980年代半ばに、日本ではじめて...

  いいね!   none 匿名 from 235号(2008.2.1)

第2回 「エコロジカル」な視点

連載「スクールソーシャルワーク」  SSWのことについて話をすると、決まってスクールカウンセラーと、どうちがうんですかって尋ねられるんだ。だから、まずそのちがいの部分から...

  いいね!   none 匿名 from 236号(2008.2.15)

第3回 不登校への関わり方は?

連載「スクールソーシャルワーク」  つい最近の話なんだけど、学校に行っていない子を持つ親の人たちと話す機会があったんだ。そのときに、何人かの人たちが申し合わせをしたみたいに...

  いいね!   none 匿名 from 237号(2008.3.1)

第4回 傷つける専門家はいらない

連載「スクールソーシャルワーク」  SSWが全国的に導入されるからといって、単純に喜んでばかりいられないことの理由には、ワーカーが子どものことをどう捉えているかという問題が...

  いいね!   none 匿名 from 238号2008.3.15

最終回 可能性に目を向けるサポーター

連載「スクールソーシャルワーク」  前回、一人ひとりを尊重することをスクールソーシャルワーカー(以下・SSW)は大切にしている、と述べたけど、もうひとつ重要な考え方があるん...

  いいね!   none 匿名 from 239号(2008.4.1)

ソーシャルワーカーが説く 成長のきっかけ

前号に引き続き、今夏の全国合宿における講演抄録を掲載する。今号は、山下英三郎さん。  私はこれまで「スクールソーシャルワーク」の理念と取り組みを通じて、不登校の子どもたちと...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 396号 2014/10/15

スクールソーシャルワーカーって?

今回、お話をうかがったのはスクールソーシャルワーカーの竹村睦子さん。実践例を踏まえながら、ソーシャルワークの仕事についてうかがった。 ――スクールソーシャルワーカーは、ど...

  いいね!   none 匿名 from 256号(2008.12.15)

【論説】いじめのスパイラルから

いじめっ子が、相手が死を選ばざるをえないほど攻撃を加える。その事実が発覚すると、メディアは学校と教育委員会を攻撃し、ネットでは加害者(家族も含む)叩きが展開される。大津市にお...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 346号(2012.9.15)

バックナンバー(もっと見る)

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...

543号 2020/12/1

「不登校の理由にわかりやすさのみを求めることは暴力的です」と語るフリーライ...