不登校新聞

212号 2007/2/15

厳罰化が呼ぶいじめの深刻化 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin


 いじめた子を出席停止にするだけではなく、体罰の範囲の見直しを提言するなど、教育再生会議のメンバーたちはこの国では「子どもの権利条約」が批准されていることなど、知らないのであろうか。論議は情緒的で、いじめ問題の解決には、とうてい、つながるようには思えない。
 
 いじめが容認できないから、いじめた子に対して厳しい態度で臨むという考え方は、非情にシンプルでわかりやすい。しかし、わかりやすいということと、いじめ問題の軽減に有効な対応であるということは、まったく別の問題である。そもそも、いじめの構造は、"いじめる"、"いじめられる" と二項対立式にとらえられるほど単純ではなく、もっと複雑な要素が入り組んでいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親はちょっと黙って見てて」14歳不登校経験者が目指す未来

517号 2019/11/1

7年ぶりに部屋から出た僕に、母が言った意外な一言

517号 2019/11/1

不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...