不登校新聞

212号 2007/2/15

厳罰化が呼ぶいじめの深刻化 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin


 いじめた子を出席停止にするだけではなく、体罰の範囲の見直しを提言するなど、教育再生会議のメンバーたちはこの国では「子どもの権利条約」が批准されていることなど、知らないのであろうか。論議は情緒的で、いじめ問題の解決には、とうてい、つながるようには思えない。
 
 いじめが容認できないから、いじめた子に対して厳しい態度で臨むという考え方は、非情にシンプルでわかりやすい。しかし、わかりやすいということと、いじめ問題の軽減に有効な対応であるということは、まったく別の問題である。そもそも、いじめの構造は、"いじめる"、"いじめられる" と二項対立式にとらえられるほど単純ではなく、もっと複雑な要素が入り組んでいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

子どもが不登校気味なのに両親は共働き、そんなときに考えたい3つの視点

541号 2020/11/1

私をいじめていた「あの子」に15年ぶりに会って感じたこと

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...