不登校新聞

212号 2007/2/15

厳罰化が呼ぶいじめの深刻化 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:20 by kito-shin
2017年04月20日 15:20 by kito-shin


 いじめた子を出席停止にするだけではなく、体罰の範囲の見直しを提言するなど、教育再生会議のメンバーたちはこの国では「子どもの権利条約」が批准されていることなど、知らないのであろうか。論議は情緒的で、いじめ問題の解決には、とうてい、つながるようには思えない。
 
 いじめが容認できないから、いじめた子に対して厳しい態度で臨むという考え方は、非情にシンプルでわかりやすい。しかし、わかりやすいということと、いじめ問題の軽減に有効な対応であるということは、まったく別の問題である。そもそも、いじめの構造は、"いじめる"、"いじめられる" と二項対立式にとらえられるほど単純ではなく、もっと複雑な要素が入り組んでいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

親だってしんどい 不登校の先輩パパママが実践した心が折れそうな時の乗り切り方

583号 2022/8/1

バイトに10分遅刻して給料から天引きされたのに親子で感謝したわけ

583号 2022/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…